ビジネスマンの整理整頓術>ファイル名の基準をつけて効率を上げる方法

皆さんは資料のために作ったファイルに
どのような名前をつけているでしょうか?
まさか、題名をつけていないなんてことはないと思います。
基本的には書類や資料のタイトルをつけると思います。
それならわかりやすいですよね。
しかし、これだけだと同じような名前のファイルが
多くできてしまい、
目的のファイルを探す時間がかかってしまうことになります。

このような無駄な時間をなくすために
ファイルにつける名前を工夫する必要があります。
そうすることで、探すことも楽になり、名前をつけるときも
あまり考えずにすみます。

では、どのように名前をつければよいのでしょうか。
自分としてどのような情報があれば探しやすいかを考えてみましょう。
研究職の人であれば、プロジェクト名・資料の目的・作成日が
ほしいところです。
営業の人であれば、訪問先・案件・資料の目的・作成日などがあれば
よいと思います。

このようにまとめることで、
何の資料かを中を見ずにわかると思います。
似たような資料であっても探すときには違いがわかるので、
非常に効率のよい作業ができると思います。

inserted by FC2 system